日本中の川で一緒に自然派しませんか・・・
■ヤマトヌマエビ
水草水槽の定番中の定番、日本の渓流に棲みヌマエビ科では日本最大種です。
水槽内で3〜4年生きますが水槽内での繁殖は困難です。
60pの水草水槽で50匹位が適当数です。
セット名 Net価格
 ・ 10匹セット ¥360
 ・ 20匹セット ¥600
 ・ 30匹セット ¥870
 ・ 50匹セット ¥1,420
 ・100匹セット ¥2,780
 ・200匹セット ¥5,460
 ・300匹セット ¥8,090
 ・400匹セット ¥10,690
 ・500匹セット ¥13,290
その他の数をご希望の際はリストをご請求下さい。
エビ類をご注文の際は同時にシュリンプ類専用フード 究極のSフードのご注文もご検討下さい。
注)各セットを複数に分けて袋詰めする場合は各セットの価格となります。
例)100匹セットを2つに分けて袋詰めした場合は50匹セット×2の価格となります。

■石巻貝
西太平洋沿岸に分布する淡水・汽水生の巻貝です。 水槽ガラス面の苔取り貝として有名です。  
セット名 Net価格
 ・  5個セット ¥140
 ・ 10個セット ¥260
 ・ 20個セット ¥450
 ・ 50個セット ¥1,030
 ・100個セット ¥1,850
その他の数をご希望の際は
リストをご請求下さい。

■ピンクラムズホーン
インドや東南アジアを原産とする有肺類の巻貝の一種。 色は血液のヘモグロビンの色で殻自体は透明のため色がピンクに見える。 色のよりレッド、ブルーなどがあり、体長は最大2cm、飼育下では3cm〜に大型化することもある。 繁殖は雌雄同体で2匹以上いれば簡単に繁殖する。 ピンク同士の稚貝でも中には茶色(原種)の固体色も出現する。

■淡水二枚貝
ほぼ日本全土の河川、湖沼等の底砂(泥)に分布する。 タナゴやタビラは二枚貝に卵を産み付けるので二枚貝がいなければタナゴやタビラは繁殖出来ない、 河川工事などで川底をコンクリートで固めてしまえば淡水二枚貝が生息出来ないのでタナゴやタビラも消滅する。 タナゴやタビラが産卵する二枚貝の種類はマツカサ貝、ドブ貝、ササノハ貝、イシ貝、カラス貝、カタハ貝、 タテボシ貝、マシジミなどがあります。
Copyright(C)2002-2007  NITTAN  All rights reserved